7月, 2013年

「顔出し型猫背」

2013-07-29

小林篤史です。

久々のブログの更新になりました。

さて今回は、「顔出し型の猫背」についてお話ししたいと思います。

顔を突き出してしまっている猫背の方って多いような気がします。

こんな感じです。

kaodashigata001senari

このパターンは、施術する時に2つ心がけることがあります。

1つ目は、骨盤の位置です。

たいてい骨盤の位置の不良が見られます。

特に座っている姿勢で顔を突き出してしまっている場合が多いようです。

しっかりお尻で座れば良いのですが、こういう方は「腰で座るイメージ」の方が多い気がします。

こういう方はたいてい腰が悪いことが多いのですが、そのあたりも考えていく必要があるかもしれません。

2つ目としては、背中の丸まり方です。

ちなみに「顔出し型の猫背」の場合、背中が丸まっているとかえって直しやすいのですが、背中がまっすぐの場合、見ていくポイントがあります。

それは、首と背中の境目の部分です。

この部分の骨が「ボコッ!」っと出っ張り、その上の頚椎が「バコッ!」と凹んでいるケースが多いのです。

もし顔が前に出ている、と思われる方は、ご自身の首と背中の部分を触ってみて下さい。

私の電子書籍である、「猫背は自分で直すな」は、こちらをご覧下さい。

猫背は自分で直すな

Nekoze表紙

inchoのブログ

「猫背矯正マイスターのいる治療院『V-Style(ヴィスタイル)』」のHPはこちらをご覧下さい。

vstyle-banner-468x60

猫背の人の背中の痛み

2013-07-01

猫背の人は、背中が痛むときがあります。

特によく寝た日の朝です。

よくあるのが土曜日の朝です。

予約でいっぱいの整骨院に、一本の電話が入ります。

「すみません、朝起きたら腰だか何か痛くて・・・」

そういうときって「ギックリ腰かな?」と一瞬思ったりするのではないでしょうか?

しかしよく聞いてみると、特にその場で重いものを持ち上げたり、くしゃみをして響いたという形跡がないのです。

ただこのパターンは、よく触ってみると、背中の筋肉がカチカチに固まっているケースが多いのです。

「そこが痛いです!」

たいてい前後屈がぎこちなく、捻ると痛いというケースです。

かなり苦痛なはずです。

ではなぜこういうことが起きるのでしょうか?

詳しくは次回お話しします。

私の電子書籍である、「猫背は自分で直すな」は、こちらをご覧下さい。

猫背は自分で直すな

Nekoze表紙

inchoのブログ

「猫背矯正マイスターのいる治療院『V-Style(ヴィスタイル)』」のHPはこちらをご覧下さい。
vstyle-banner-468x60

Copyright(c) 2013- V-Style All Rights Reserved.